"> 軽自動車の売り方|車の引渡しは慎重に

車の引渡しは慎重の上にも慎重に

かつて中古車流通のメインであったディーラー下取りはすっかり下火になり、現在では、車買取業者に売却するというのが主流となっています。

最近では全国どこでも数多くの買取り業者があり、業者によって買取り価格もそれぞれ違ってくることから、無料一括査定などで買取価格の高い業者を選んで軽自動車を売るということも可能になっています。

数ある車買取り業者のほとんどはまともな業者であり、誠実できちんとした対応をしてくれる業者がほとんどですが、中にはごく一部で強引なやり方で車を買い取ってしまったり、買取後の料金支払いでトラブルになってしまうような業者が存在しているのも事実です。

万が一知らないままにそのような業者を選んでしまった場合であっても、トラブルに巻き込まれないよう慌てないで冷静な対応をとることが重要です。

このような問題のある業者とのトラブルに巻き込まれないようにするには、「何か変だぞ」と感じたらそれ以上話を進めないようにした方がいいでしょう。

査定が終わっても「この後まだ査定してもらう業者が待っている」などと、ともかくその場での即決は避けることです。

また契約書の用紙を突きつけられてもサインしなければ成約にはなりませんから、納得できない点があれば簡単にサインをしないことです。

契約書の記載事項は、仮にこちら側にとって不利なことであってもサインをしてしまえば承諾したことになります。

また、一旦サインをしてしまえば、どのような理由があろうとその契約を取り消すことはできませんし、キャンセルしようと思えば高額のキャンセル料が発生します。

契約書は細部まで確認し、じっくり検討して納得の上サインを行いましょう。

契約書関連で見られるトラブルは、「車引渡し後に不具合が見つかれば契約金額を変更できる」という趣旨の条項が盛り込まれている場合です。

この条項があることを知らずに車を引き渡してから「○○が見つかったので○万円減額になります」と買取業者から言われるというトラブルです。

本来であればそのような一切の不具合もチェックした上での査定額が契約金額なのであり、契約後に査定額の変更など普通はあってはならないことなのですが、業者側が悪用しようと思えば上で述べた条項を持ち出して買取額を値切ることもできるわけです。

このようなトラブルを防ぐために、慎重な方などは契約書末尾に「車引渡し後の査定額の変更は無い」という内容の1条項を手書きで追加してからサインをするといいます。

この方法もトラブルを防ぐための一つの方法だと思います。

もっと悪いのは、契約前に車を引き渡してしまうということです。

契約前に車を引き取ろうとする業者はほぼ悪質業者であると思っていいでしょう。

そのような業者に車を引き渡してはいけませんし、契約も絶対してはいけません。

普通のまともな業者であれば、契約前に車を持っていくなどということは有り得ないのです。

これは事故車や廃車を売却する場合でも同じことです。

事故車や廃車などいくら訳ありの車であっても、契約前に車を持って行こうとするのは悪徳業者である証拠です。

このような業者ほど車を早く持っていき既成事実を作りたがるので、車の引渡しは慎重の上にも慎重を期して行わなければなりません。


このページの先頭へ