"> 車を売る時に準備しなければいけないもの

様々な手続きに書類等が必要になる

車を売却する場合には様々な手続きが必要になります。

出来ることならそのような手続きはスムーズに進めたいので、事前に手続きに必要なものを確認しきちんと準備しておきたいものです。

一言で必要なものと言っても、無ければ手続きにならない必須なものもあれば、出来ることならあった方が良いというものもあるので、その辺の違いも頭に入れてきちんと準備しておくことをオススメします。

まず手続きで必ず必要となるのが、

自動車納税証明書、自賠責保険証、車検証

の三つです。

普通これらはほとんどの人が車に備え付けて保管しているのでわざわざ準備する必要はないと思うかもしれません。

でも、てっきり車にあるものと思っていて、車売却の契約の直前になって探してみると見つからない、自賠責保険証や納税証明書が古いものしかないなどということもありますので、早めにきちんと揃っているか確認しておいた方が安心でしょう。

これらのほかに契約に当たっては実印と印鑑登録証明書も必要になります。

印鑑登録証明書の場合発行してから一ヶ月以内の証明書が必要ですので、有効な証明書を準備できるよう発行時期を選ぶ必要があります。

また、車の売却代金を振り込んでもらうための口座やリサイクル券も事前に準備しておいた方がいいです。

車の取扱い説明書や整備手帳、スペアキーなどは必ずしも必要とされるものではありませんが、揃っていることでマイナス評価が避けられ売却価格が高くなる可能性があるので、ある場合は準備しておくと良いでしょう。

更に、車の改造をしている場合ですが、元のパーツがない場合は減額されてしまうケースが多いので、保管してある元のパーツを渡せるような状態で準備しておくべきでしょう。

取扱い説明書といえば、カーナビの取扱説明書も重要です。

いくら高機能の高級カーナビが付いていても、取扱い説明書がないと新オーナーはその機能を十分に生かすことができません。

高額なカーナビを付けていればいるほど取扱説明書もきちんと揃えて引き渡しできるようにした方がいいでしょう。

その他にも社外品の高級オーディオなど場合も、やはり説明書があったほうが査定上有利になります。

保存状態は綺麗であることに越したことはないのですが、多少汚れていても取扱説明書があることに意義があるのです。

保管場所があやふやになっているような場合は、早めに探し出して用意しておきましょう。

中古車ですから多少汚れたり痛んだりしているのは仕方ないのですから、装備品やその取扱説明書については新車のときのように完璧に揃えるようにしたいものです。

それが新オーナーへの気遣い、配慮となり、査定士の心証もよくすることができるでしょう。


このページの先頭へ