"> 下取りと買い取りのメリットを比べてみよう

買取りと下取り、どちらのメリットをとるか

車を買い換える時に今の車を売却する手段として、ひと昔前であれば車を購入するディーラーに下取りしてもらうというのが一般的でした。

一般的というよりもそれしかめぼしい売却の手段が無かったと言っていいでしょう。

ところが1970年代になり全国各地のオークション会場の常設などで業者オークションが普及、定着してくると、買取車をオークションに出品するという新しい業態の車買取専門店が全国に広まり、この車買取業者に軽自動車を買い取ってもらうという人が増加してきました。

更にバブル崩壊後のデフレ期に新車から中古車に需要が移って中古車市場が拡大し、この中で全国展開の買取店など車買取業者が急速に業績を拡大して来ました。

このように、新車ディーラーの中古車市場の地位は一頃に比べて大分低下はしたものの、その便利さのためかまだまだディーラーの下取りを利用する人は少なくないようです。

下取りと車買取、それぞれの最も大きなメリットとは何でしょうか。

まず下取りのメリットといえば、乗り換えの際の車購入、車売却のそれぞれの手続きが、同じ場所ですべてやってもらえるという便利さでしょう。

ディーラーで今の車を下取りに入れて新車を購入すれば、必要書類の準備はありますが手続き関係はディーラーの担当者にお任せにできます。

ディーラーも新車を購入してくれる顧客ですから微に入り細に入りオーナーの面倒を見ることになります。

このように車の売買に関する究極のワンストップサービスを享受できるというのがディーラー下取りの最大のメリットです。

次に車買取りのメリットについてみてみましょう。

買取りのメリットは何といっても価格が下取りよりも高くなるという点でしょう。

同じ車で下取り額より10万円、20万円高く買い取られたなんていうのは目ずらしことではなく、50万円とか、高級車種になると100万円近くの差になる場合もあります。

この車買取り店の高値買取は、買取車をすぐに業者オークションに出品するということにより実現しています。

車買取店は業者オークションの落札相場のデータベースをリアルタイムに近い形で利用することができ、その時々の実勢相場を背景にした高額買取ができるのです。

これは中古車買取り専門店だからできることで、新車販売の専門店であるディーラーがまねできることではありません。

また最近では、自前で販売展示スペースを確保し買い取った車を自店舗で直接販売することにより更に中間コストを削り、更なる高額買取を行う買取り店も増加しています。

以上を簡単にまとめると、

価格よりも手続きの便利さやディーラーとの付き合いなどを重視するのなら下取りで車を売却するのが良く、

何よりも価格重視で1万円でも5千円でも高い値段で売りたいというのなら車買取り店での売却がよいということになります。


このページの先頭へ