"> 車売却は下取りと買取りどちらがお得か

売却価格は買取りが下取りより有利

長く車に乗っている方であれば車の買い換えも何度か行っていることでしょう。

軽自動車ユーザーの場合も軽から軽へと乗り換える方も多いことかと思います。

買い替えで新車に乗り換えるとき、それまでの車を新車を購入するディーラーに下取りとして引き取ってもらった方も多いかと思います。

ディーラーの下取りで便利なのは、何と言っても車購入の手続きと一緒に車売却の諸手続きもワンストップですべてやってもらえることです。

下取り車をディーラー以外で売る場合は、車を手放すための一連の手続きが新車購入の手続きと別立てで行わなければなりません。

車買取店などであればこの手続きも業者がやってくれるのですが、下取りの場合と違って手続きが2本立てになるというわけです。

このように手続き面ではメリットの大きい下取りですが、売却価格という点では車買取店による買取よりも不利になることは否めません。

軽自動車など中古車を高く売りたいのであれば下取りではなく車買取店で売ったほうがいいというのは半ば定説のようになっていますが、経験上からもこれは確かな事実と言えるでしょう。

そもそもディーラーというのは新車販売のプロであり、中古車については相場データや販売チャンネルの面で専門業者である車買取店にかなうわけがありません。

同系列のディーラー同士で下取り価格に差が付かないようにするため一定の査定基準があるのですが、その査定基準というのは固定的で実際の流通相場を反映したものではありません。

餅は餅屋と言いますが、中古車の買取に関してはやはり中古車買取の専門業者である車買取店にかなわないのです。

ですから、下取り価格でオーナーと折り合いが付かなければ近所の買取店を紹介したり、下取車を車買取店に横流しして利益を出すなどといった椿事が起こってしまうのです。

一方、車買取店は買い取った車の再販チャンネルがディーラーとはまったく違います。

最近は店頭での直接販売も増加しているようですが、基本的に車買取店は買い取った車をすぐに業者オークションに出して売る捌くのがメインです。

いまや8割以上の中古車が業者オークションを通して流通しているといいますから、その落札価格によって流通相場が形成されています。

車買取店は業者オークションに出すことを前提にその落札相場を見ながら車の買取を行います。

ですから、直近の相場に近い価格での買取が可能になり、固定的な査定基準のディーラーでは付けれない高価格での買取をすることができるわけです。

中にはディーラーとの付き合いが長く半ば義理のように下取りを続けている方も居られるかと思いますが、それは売却価格とは別のことを優先しているのですから、それはそれでかまわないと思います。

でも、愛車を少しでも高く売りたい、つまり売却価格が最優先だというのであれば、やはり下取りはお勧めできません。

上で述べたような高額買取のためのビジネススタイルで商売を行う車買取店で査定・売却するのがおすすめです。

ただし、車買取店と言っても1店だけを相手にして競合相手がいないというのはいけません。

必ず複数の車買取店に声をかけて査定額の競争をしてもらい、一番高いところに売るという方法がオーソドックスで最もお得になる方法だと思います。


このページの先頭へ